買うならコレ!信頼性の高いトヨタの中古車

トヨタの直6、2バルブエンジンを搭載した中古車

トヨタには優れた直列6気筒エンジンがありましたが、現在は生産されていません。直6エンジンを採用していた車種は皆V6、またはV8エンジンにシフトしました。V6と直6は同じ6気筒ですが、それぞれに個性があります。V6は3気筒×2なので全長が3気筒分しかありません。そのため、コンパクトに仕上げられるのと限りなく運転席側にエンジンを配置できることによる重量バランスの良さが主なメリットです。一方、直6はエンジンは振動が非常に少ないです。エンジンはピストンが上下するためどうしても振動が発生してしまいます。直6は実質上最もバランスが良いため、振動が無くなります。また、エンジンの音も良いです。スポーツカーには性能も大事ですが、官能的な音も大切です。その音は甲高く、滑らかです。同じ気筒数のV6の音は排気干渉があるため、少々図太いどちらかというとアメリカ車のような音です。特にトヨタの直6は非常に官能的で、ドイツのB社より優れていると思います。

トヨタが初めて直6エンジンを搭載したのは、昭和40年代でした。その頃の直6エンジンはSOHCの2バルブでした。直6にDOHCヘッドが乗ったのは同じ頃に海外のスーパーカー勢に対抗するために作られた車種でした。エンジンのベースは上記のSOHCで、楽器や二輪などで有名なY社がヘッドを作りました。このエンジンは2バルブのDOHCでした。1980年代になると、直6エンジンは直6DOHC4バルブが当たり前となりました。当然2バルブ時代と比べると圧倒的に高出力です。しかし、あえて2バルブの車種を選ぶのも面白いと思います。古い車であるため中古車の台数は少ないとは思いますが市場に出回ったらそのような車を選んでみるのも良いと思います。

PICK UP! サイト情報

Copyright (C)2017買うならコレ!信頼性の高いトヨタの中古車.All rights reserved.